第三者の立場になってもう一度、安全面の見直しを

Facebook
Twitter

おつかれさまです。

金政興業㈱ 常務 坂本 博講です。

今朝新聞で、住之江での中学三年生が親父を刺すという事件が

ありましたね。 そこまで行くまでにどうにかならなかったのか?

他に解決方法は無かったのか考えさせられますね。

うちにも中学二年生の娘と小学五年生の息子がいますが、これから

反抗期はあるのでしょうか?? ちゃんと向きあって考えて行かなければ

いきませんね。

昨日、友人から電話を頂きました。東泉丘水道工事の道路が大渋滞している

との事です。 私達が普段工事をしている中での混み具合の中では、そんなに

渋滞していない感じがしていたのですが?

施工業者から見ての大渋滞と第三者が見ての大渋滞と見方が全然違うのです。

言う事は、安全面でも一緒のことが言えますよね。

施工業者が朝礼、KY活動、ミーティングの中での第三者の安全確保を考えて

歩行者通路など作っていますが、第三者から見たら安全確保が出来ていないかも

知れませんね。 各現場もう一度、第三者の立場に立って考えなおして下さい。

事故があってからでは遅いですよΣ( ̄ロ ̄|||)

本日も御安全に

金政興業(株)専務

金政興業(株)専務

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930