後輩の指導に対して

Facebook
Twitter

おはようございます。

金政興業㈱ 常務 坂本 博講です。

どんな会社にも上司・部下、先輩・後輩がいますが、後輩に対し

リーダーシップを発揮し、よい指導をしていくのは先輩としての責任

ですよね。  相手の事を本当に思ってやり、考えてやる事。そして

その上にたって何をしてやるのがよいかを考えて、教えてやる事です。

相手が欲していることに対し、ただ与えてやる教えてやるではなく、

どう成長への導きをしてやるかが問題ですよね。

「人に魚を一匹恵んでやれば、その人は一時の飢えを満たされるだろう。

しかし、魚の取り方教えてやれば二度と飢える事はない」という言葉もあり、

指導の例えとして言われる言葉の意味を十分理解して欲しい思います。

また、先輩も同様に常に一歩向上を目指し、先んずれば人を制すの意気

を忘れず、先輩は先輩らしい姿勢、行動をとって欲しいものですね。

阪急西側南線 歩道改良工事について、円型水路設置順調よく施工

してくれています。 1日、平均20mぐらいの施工ペースです。

早期竣工できるよう頑張りますので、近隣住民の皆さま御協力お願いします。

円形水路A

毎日、16時には埋め戻しを行うようにしています。

なんか雨が降りそうな天気です。 天候も考え本日も御安全に

金政興業(株)専務

金政興業(株)専務

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930