得意先と会ってはじめてわかる事。

Facebook
Twitter

おはようございます。

金政興業㈱ 常務 坂本 博講です。

最近の若者は、直接会って話をするのを拒むのか?? 携帯で連絡を

とったり、メールで終わらせるようになっている気がします。

先日、お客様と話をしている中で、得意先担当の携帯の留守電に用件をいい

「連絡をほしい」と入れておくと、メールで返事をしてきたそうです。

社長いわく、私と話するのが嫌なのかという気分がして、釈然としないと言って

いました。 今の若い人達に人と会うことを避ける傾向が見えることですね。

メールで済む用件も少なくないし、メールなら相手の時間を中断させないで済み

ます。しかしビジネスでは、やっぱり相手と直接会わないと済まない種類の用件

が多々あります。 直接あって話すと色んな情報を知ることがありますし、やっかい

な状況も変えられることもありますね。

会って一生懸命に説明しているうちに、その誠意が買われて仕事をもらえたり、

新しい人脈ができるのです。 携帯・メールの時代になりつつなる中、直接会って

話す重要性を考え仕事に取組んで下さい。

本日も御安全に

金政興業(株)専務

金政興業(株)専務

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930