全体、多面を見る目を

Facebook
Twitter

おつかれさまです。

金政興業㈱ 常務 坂本 博講です。

「岡目八目」という言葉がありますよね。

碁や将棋をそばで見ていると本人は夢中になってしまって局部的

な見方でしか見ていないけれど盤を離れて見る立場では全体的、

多面的によく見えるものです。

他人の事は良くわかるけど、自分の事はわからないものであるから、

自分の事は他人に問うて教えてもらいなさいということだそうです。

熱中するあまり、思孝がせばまったり、行動が固定化していること

に気づかず、四苦八苦しているときなど積極的に周りの人に相談し、

アドバイスを受けて行きましょうね。

現場でも一緒です。 現場で施工している作業員の方と同じ目線で

現場を見るのではなく、一歩下がって現場の全体を見て、一歩上に

上がって現場の全体を見て下さい。 必ず何か見えてくるはずです。

報告・連絡・相談の重要さを考え、よりよい現場を作って行きましょう。

今年も後わずかです。 風邪を引かず、やり残しの無いようにお願い

しますね。 本日も御安全に

るり渓 イルミ

金政興業(株)専務

金政興業(株)専務

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930